ウェルネスブログ

奇跡のホルモン アディポネクチン?

こんにちは!

体幹トレーニングを担当しているKです!

今回は皆様に、アディポネクチンについて配信させていただきます

アディポネクチン。。。聞きなれない名前ですが、

このようなものになっています!

 

「アディポネクチンとは?」

アディポネクチンとは、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンです

血管を修復し、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

血管は糖や脂質、有害物質などによって、日々損傷を受けます。

こうした傷があるとコレステロールが付着しやすくなり、

それが血管の壁に溜まって血管を詰まらせ、動脈硬化や高血圧を引き起こします!

そしてある日突然心筋梗塞や脳梗塞を発症する元凶となってしまうのです!

心筋梗塞、血管事故、アディポネクチンが防ぐ

アディポネクチンには血管内の傷を修復する働きがあるため、

こうした事態を未然に防ぐことが期待できます!

さらにアディポネクチンには血管を拡張する作用もあり、高くなった血圧を下げる効果もあります。血圧を下げる、血管を修復

もう一つ注目されている点に、アディポネクチンがインスリンの働きを高めることがあります。

インスリンは体内において血糖値を下げる唯一のホルモンですが、

糖が増えすぎた状態にあると対応しきれなくなり、

インスリンの働きが低下してしまうことで糖尿病の発生に到ります。

アディポネクチンはインスリンの働きをサポートする働きがあるため、糖尿病の予防や治療にも期待されています。

他にもアディポネクチンには腫瘍の増殖を抑制しガンの予防

脂肪を燃焼させメタボリック・シンドロームの予防改善などにも働きかけます。

痩せた、脂肪燃焼、

「アディポネクチンを増やすポイント!」

・運動、有酸素運動

・マグネシウム摂取

・DHA・EPAオイルの摂取

・運動、有酸素運動

・高血糖状態を抑える

・ファスティング

が有効となります。

運動、有酸素運動はアディポネクチンの分泌を増やしてくれます。

マグネシウムはアディポネクチンの分泌を促進させ、糖尿の予防などにも有効です。

DHA・EPAのオメガ3脂肪酸(魚の脂)はアディポネクチンの量を増やしてくれます。

血糖が高い状態は脂肪がエネルギーとして使われにくい状態、

つまり、脂肪が燃えにくい状態ですので、アディポネクチンの量も減ってきます。

反対にファスティング中は糖のエネルギー量が低下している状態ですので、

脂肪燃焼を高める事からアディポネクチンの量も増えます。

つまり、この6つのポイントを実行する事で奇跡のホルモンであるアディポネクチンが増え、

脂肪が燃えやすく、血管の中も綺麗に掃除され健康を保てるという事です。

皆さんもアディポネクチンの分泌量を増やして、

健康を保ちましょう^^

 

—————————–
アンチエイジング・フィットネス・ダイエット・エステ・アンチエイジング
全てオールインワン

一生現役プロジェクト「ウェルネス倶楽部」

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-251中村ビル2F
048-658-2502
—————————–

ウェルネス俱楽部 | 2017.02.08 09:26