ウェルネスブログ

美容と健康の鍵は腸内フローラ!?植物性乳酸菌とは?

こんにちは(o^^o)さいたま市大宮区、ウェルネス倶楽部の

最近少しずつブログの更新にも慣れてきたスタッフKです!

 

「腸内フローラ」ご存知ですか?

腸内フローラ

 

近ごろ、話題になっている腸内フローラとは一体

「美容」と「健康」に密接な関係をしている「腸内フローラ」。

大腸には1000種類、1000兆個という膨大な数の腸内細菌が生息していて、

それらの細菌が草むらやお花畑のように種類ごとにテリトリーを持ち、

密集していることから、「腸内フローラ」呼ばれています。

腸内フローラを構成する1000兆の細菌の重量は合計すると約1.5㎏、

仮に直径1マイクロメートルだとして1列に並べると、地球2週半分の長さになるというから驚きです!

 

腸内フローラには何百兆個もの菌が存在しており、そのバランスによって有益な効果や、

不調の原因ともなることはご存知でしたでしょうか?

その「」に多大な働きをする細菌として「植物性乳酸菌」が注目を集めています。

いったい、私達にどんなメリットがあるのか解説させていただきます!

 

 

菌で腸内フローラは変わる!

大人の腸には500~1000種、数百兆個の細菌が共存し、集団を作りながら生息していて

その微生物を「腸内細菌」といいます。

具体的には、からだの健康を維持するために働く「善玉菌」と

病気の原因になりうる「悪玉菌」、そして優勢な菌の影響を受ける「日和見菌」の

3種類に分けられます。

これらの「菌」のバランスによって腸内フローラの状態は大きく変わります。

腸内フローラ

 

理想は菌のバランス!見直すべき食習慣や生活習慣

「腸内フローラ」の理想的な状態が

〈善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7〉と、されています。

健康的な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌の定着・増加を抑える事ができます。

しかし、悪玉菌が『ある要因』によって“優勢”になると、悪玉菌が作り出す

有害物質も増えます。この有害物質が、便秘や新陳代謝の低下、

肌荒れや肩こりなど様々な影響をおよぼします。

この『ある要因』とは、大きくわけて

「加齢」「食習慣」「生活習慣」が深く関わっており、

この「食習慣」の典型的な事例の一つとしてジャンクフードの大量摂取が挙げられます。

ファストフードや加工食品などに大量に含まれる食品添加物、トランス脂肪酸、白砂糖

などが腸の老化を促し、腸内環境を悪化させる要因となります。

一方「生活習慣」の事例として挙げられるのが、不規則な生活スタイルです。

昼夜が逆転した時間軸で生活する事や、運動不足、過労やストレスの蓄積といったことなども

悪玉菌を増殖させる要因となります。

 

油、トランス脂肪酸白砂糖悪玉菌

 

腸内フローラは植物性乳酸菌がカギ!

健康維持をするためには「腸内フローラ」を正常な状態にしておくことが重要です。

つまり、善玉菌が優勢な腸内環境になるように整備するのがカギとなります。

そこで日ごろから補っておきたいのが、善玉菌の代表とされている『植物性乳酸菌』です。

乳酸菌は腸内で乳酸・酢酸を作ることで、悪玉菌の増殖と有害物質の生産、吸収を抑えることができます。

また、乳酸・酢酸には、腸の運動を正常にし、下痢や便秘などを改善する整腸作用が期待できます!

 

 

必ずしも生きている必要はない!メリットしかない「死菌」

最近、「乳酸菌は生きたまま」「生きて腸に届ける」といったフレーズを

耳にする事が多いかと思います。

コレはいわゆる『生菌=プロバイオティクス』のことをさします。

一般的には「生きた乳酸菌が腸に届いて腸内環境を改善してくれる」というのが定説になりつつありますが、

必ずしも「生きたまま」である必要はありません。

たとえ『死菌=バイオジェニックス』

であったとしても、菌が生成した代謝物、乳酸菌自体の構成物質(菌体成分)が、

腸内環境の改善や活性化に効果を発揮するのです!

 

 

“菌”が喜ぶ環境を作ること

胃と腸は繋がっており、密接な関係であるはずなのに、

腸だけに気を使うのはナンセンス!

胃と腸の消化、分解、吸収が正常に働いてこそ、全身に栄養がいきわたるのです。

ただ『コレさえ食べておけばOK』というものでもなく、バランスの良い食事を摂って

“菌”が喜ぶ環境を作ってあげる必要があります。

まずはシンプルに、胃と腸を労わってあげることから始めてみましょう。善玉菌、腸が喜ぶ

 

 

腸内環境をチェック!

 

まとめ

食習慣や生活習慣の乱れで、腸内フローラの菌のバランスが崩れると

便秘や下痢になり、有害物質が溜まることで

ニキビ、肌荒れ、たるみなど肌トラブルの原因

体臭、口臭、便やおならが臭くなったり

老化の促進や、太りやすく、痩せにくくなったり

代謝が悪くなりと色々な悪影響を及ぼします!

 

『植物性乳酸菌』を補い、善玉菌を増やすことで

腸内環境を整えると、

肌がきれいになる

体臭・口臭がにおわなくなる

若々しくなる

太りにくく、痩せやすくなる

健康になる

などたくさんのメリットがあります!

 

 

皆さんの腸内フローラは整っていますか?

心配になった方は「食習慣」「生活習慣」を見直すことから

始めてみましょう(*^^*)

 

 

—————————–
アンチエイジング・フィットネス・ダイエット・エステ・アンチエイジング
全てオールインワン

一生現役プロジェクト「ウェルネス倶楽部」

埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-251中村ビル2F
048-658-2502
—————————–

 

 

ウェルネス俱楽部 | 2017.03.13 14:16